ドキュメンタリー映画の祭典「ドキュメンタリードリームショー -山形in東京2018」

隔年に開催されるドキュメンタリー映画の祭典、山形国際ドキュメンタリー映画祭。その翌年に東京で行う恒例のイベント、ドキュメンタリー・ドリーム・ショーを今年も開催します。山形で上映した作品に独自のプログラムを加え、約70本を上映!!

目の前に世界が広がっていく

2018年10月6日(土)から10月26日(金)まで新宿K'sシネマにて開催

インターナショナル・コンペティション

1100本を超える応募作品から選ばれた世界の今を描く、ドキュメンタリー映画の最先端の作品群。まさにヤマガタの顔とも言えるプログラム。併せて過去の上映作から関連作品も上映。

アジア千波万波

ヤマガタの重要なプログラムとして毎回、長蛇の列の観客を集める“アジア千波万波”。 アピチャッポン・ウィーラセタクン、河瀬直美など多くの映画作家を輩出してきた。ドキュメンタリー映画作家、小川紳介の志を継ぐ、アジアの若い作家たちを発掘、応援するプログラム。

ロックスリースペシャル

君はロックスリーを知っているか? 映画作家? イラストレーター? ミュージシャン?
パフォーマー?いやいやどれも違う。
第1回の山形国際ドキュメンタリー映画祭から参加している、ヤマガタではお馴染みのフィリピンのアーティスト、ロックスリーのパンクでカラフルな世界を堪能する!!

日本プログラム

YIDFF2017「日本プログラム」より、昨年急逝した映画監督・堀禎一氏のドキュメンタリー作品、8mmフィルムによる圧倒的表現などなど、日本のドキュメンタリーのいまを伝える。

アフリカを/から観る

YIDFF2017の特集「アフリカを/から観る」では、アフリカを内外問わず、さまざまな距離や視点からアフリカを描いた個性豊かな作品が上映された。 今回は過去にヤマガタで上映された作品・関連作品からアフリカに焦点を当てる。

共振する身体
フレディ・M・ムーラー特集

日本では『山の焚火』が記憶に残るスイスの映画作家、フレディ・M・ムーラー。ムーラーは小川紳介との親密な交流でも知られ、ヤマガタとは縁のある作家だ。 昨年のヤマガタで多くの観客を集めたプログラムから、実験映画的な手法を用いた作品を中心に、フレディ・M・ムーラーの多様な作品に触れる。

政治と映画:パレスティナ

ヤマガタでは2013年から、『それぞれの「アラブの春」』『アラブをみる』『政治と映画:パレスティナ・レバノン70s-80s』とアラブ世界に焦点を当てたプログラムを上映してきた。 今回は過去の上映作品から苦難の歴史を歩んできたパレスティナをテーマとした映画をピックアップ。

審査員作品・特別招待作品

■審査員作品 ドキュメンタリー映画を知り尽くした審査員たちの作品をチェック! ヤマガタの密かな人気プログラム。
■特別招待作品 YIDFF2017クロージング作品として上映された『表現に力ありや「水俣」プロデューサー、語る』と「ともにある Cinema with US」プログラムで上映されたカンボジア作品を上映。